【ファッション】暑いし夏用下着紹介、あとYouTube広告問題

梅雨入り、蒸し暑い

 

 

6月半ばになって、梅雨で蒸し暑い時期が来ましたね。

自分は関東圏住まいで、ガッツリ梅雨のジメジメ感を享受してますが、沖縄は今年まさかの梅雨明けだそうで。

 

今年の梅雨明けは1951年の統計開始以降7番目の早さ。最も早い2015年の6月8日、11年の9日、1971年80年96年の10日に続く。気象台によると、太平洋高気圧が例年に比べて強く沖縄地方を覆い、晴れ予報が続いていることから梅雨明けとなった。

 

いや早くねw

羨ましいなあ、また沖縄行きたい。日本大好きな自分は大体夏休みは沖縄に行きたがります。

 

今年はコロナのせいで、制限だったりで難しい部分もあるかな。ただ沖縄はインバウンドないと地獄でしょうね。

けど国内旅行はなんとか活性化しようと政府も対策をしてくれるみたいです。

Go To キャンペーン

 

一応、4月の段階で政府よりGo Toキャンペーンなるものが発表されており、7月からの予定だったみたいですが、6日5日に政府が運営事務局の委託先公募手続きを中止と発表。

開始時期が遅れてしまうかもですが、そこから6ヶ月間やるみたいですね。

政府が発表した概要はこんな感じ。

 

要は4つのサービス業(観光・飲食・イベント業界・商店街)に向けた国の政策ですね。

  1. Go To Travelキャンペーン・・・観光業に向けた対策
  2. Go To Eatキャンペーン・・・飲食店に向けた対策
  3. Go To Eventキャンペーン・・・イベント業界に向けた対策
  4. Go To 商店街キャンペーン・・・商店街などに向けた対策

 

半年間続くみたいですけど、特に旅行、travelキャンペーンは実質半額負担とか。

良いね、実際は旅費の約半分が割引対象でその7割が現金割引、3割がクーポンらしい。

たださすがに割引にも限度がありますが、その上限は「最大20,000円/泊」と。1泊2日で40,000円を超える場合の旅行であれば、20,000円が上限となるそう。

 

つまり、1泊につき40,000円近辺が一番オトクなのかな。まあどこもそれより高い値段設定するかもだね。

 

夏にオススメ スッキリパンツ

 

旅行がどこまでできるかは全然わからないし、コロナの第2波も懸念されますし、夏休みもよく分かりませんが。

夏は来ますので、それにむけて今回はオススメアイテムをご紹介

初めてのファッションについての記事ですが、パンツ紹介です。

 

BODY WILDで発売されているAIRS

というシリーズのものです。

 

この腰ゴムのない開放感はやばいです。ハマる人はハマります!!!

素材が薄く、腰ゴムもなし。覆われてるだけ。

座ったりしてるときの圧迫感0。

 

カラーバリエーションも豊富でお値段もボチボチ。ハイブランドもいいけど、こっち複数枚買った方が快適だと思う。

1枚2,000円弱!! けど下着にはこだわったほうが色々良いと思うよ!!

 

オールシーズン自分は今んとこ気に入ってるので使うつもりだけど、ボクサーパンツ派はだまされたと思って買って見てください。

*履いた感覚には個人差があります

You Tube広告のニュース

 

 

余談ですが、自分がよく見ているYou Tubeで見かける広告がニュースになってました。

最近は以前より”不適切だ”とか”不愉快だ”とか、叩かれますよね。

自分がおかしいのかもなんですが、そんなにあれみて落ち込むかな。

 

 

米国での事件で黒人差別の抗議運動、旧態依然とした固定観念に対する反発の流れで署名も徐々に集まってるみたいです。

”自分の体を否定する感覚を植えつけるような広告は今すぐ停止してほしい”

”こういった広告が倫理観に与える影響は計り知れないと思います。広告制作者にもそれを放送するメディアにも、相応のモラルを身につけてほしいです”

”ある基準を満たしていないと不幸になるだの女を捨ててるだの、そんな古い価値観を広告として公に流して恥ずかしくないのか”

 

といった声があるそうなんですが、

いや見なきゃ良いのに😂You Tubeはご丁寧にskip機能まであるし。

たしかに古いというより、偏った価値観・固定観念といわれたら否定できない部分もあるけど。

事実な部分もあるでしょ、そう思ってるからみんな対策しようとする訳で。努力してる人がいる訳で。

薄毛とか貧乳とか、遺伝的な要因とか努力云々でどうにもならない要素もあるけど、今は情報も対策も昔よりたくさんある訳だし、それにコンプレックス抱きすぎてネガティブになってる方が問題だと思うけど。

本当にどうしようもない事情がある人もいるんだろうけど、一つの媒体における広告でそこまで配慮は大変だよね。

 

なんかそれで、どんどん面白いコンテンツが減ったり、表現の規制をされる方が辛いと個人的には思うかな。

毎回、どんな展開だよ!と思いながら楽しく見てた広告だけにちょっとなぁ。笑

 

剛毛ケツ毛男のあだ名にツボってたのも無くなるんだろうな。広告見てほしいけど。

ケツ毛バーガーってネーミングセンスすごくないすかww

まあ結局ググってみたら、その名前は広告から生まれた訳でなく昔に事件があったのが元ネタっぽいですね、しかもその事件はかわいそうだなって思ったけど。

 

「コンプライアンス強化をより一層加速させ、法令遵守かつ適切な広告表現を徹底します」と該当会社は言ったみたいだけど、購買欲を抱く要素や面白さもあんまない広告になりそうだよね、どうなることやら、、、

 

モテ下着ネット本店




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事