AGA!前立腺肥大も?!エクオールは男女とも効果あり?【雑談】

今回はサプリについて

 

今回はサプリについて。

 

女性の方が詳しいかもしれません。

その名も

”エクエル”

です。

 

他の製品もあるのかな?

要はエクオールという大豆イソフラボン由来の成分。

 

 

医薬品というよりはほぼ食品に近い扱い。

大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンは、「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類に大別されます。そのうちの「ダイゼイン」が腸である種の腸内細菌によって代謝されると、エクオールに変化して体内に吸収されるのです。

 

本来は腸内細菌によってエクオールとなるのですが、

日本人ではこの腸内細菌は2人に1人しか作れないとのこと。

 

 

海外で大豆を食べる習慣がないところでは5人に1人しか作れない国もあるそうです。

整形外科的に

 

このエクオール。

整形外科的には、”手の外科”の領域で使用されるケースがあります。

 

エクオールを摂取することで、エストロゲン様作用を示し、

これが症状を軽快させるのですね。

エストロゲンに類似した構造を持ち、エストロゲン受容体に結合することにより、エストロゲン様作用を示すと言われています。
閉経前のようなエストロゲン存在下では受容体結合においてエストロゲンと競合することにより抗エストロゲン作用を示し、閉経後のようなエストロゲン欠乏状態下では、受容体を介して弱いエストロゲン様作用を示すと考えられています。

-更年期ラボ

 

つまり、更年期女性に出やすいと言われてる症状を改善させる可能性があると。

 

よく言われるのが、

ヘバーデン・ブシャール結節や腱鞘炎

です。

 

 

これらは対症療法がメインになり、あまりに悪化すると手術になりますが、

”手術の前に何でもいいから試してみたい!”

という方には、試す価値があると思います。

 

抗炎症剤や、テーピング、注射なども並行してく必要があるとは思いますが、

更年期症状・全身症状などが気になる場合は選択肢の一つかと。

 

エストロゲンは抗炎症作用、抗浮腫作用など有してます。

更年期、エストロゲンの低下は骨粗鬆症リスクなども含めて、

避けたい状況ですね。

男もエストロゲン!?

 

では今回のテーマでもないけど。

 

男にエクオールいるんか!?

男にエストロゲン有るんか!?

 

という部分ですね。

 

結論から言うと、

男性もエストロゲンはあるし、必要です。

テストステロンが有名ですが、男性にもエストロゲンは作用します。

脂肪の代謝などや骨強度などに関わってるという報告があります。

 

が、それに加えてここに注目です。

 

そう、男性の病気に効く。

前立腺肥大や前立腺がん、男性型脱毛症(AGA)

にも効果があるという話。

 

エクオールがジヒドロテストステロン(DHT)と特異的に結合することにより、

DHTとアンドロゲン受容体との複合体形成阻害効果で男性の病気を防ぐ!

 

という訳です、メンズクリニックで導入されてたりします。

 

男女とも適切な量を摂取すれば基本的には副作用はない(大豆摂ってる的なもん)、

そーであれば試してみてもいいですよね。

値段はそれなりですけど。

 

という訳で、飲み始めましたw

ハゲは嫌だし、じいちゃん前立腺疾患有るしね。

 

エストロゲンが過剰な副作用が万が一出るとすれば

男性は女性化乳房です。笑

 

 

 

若々しくて肌ツヤ良くて、ハゲてない前立腺正常なDrになれるのか、

おっぱいドクターなのか。

 

今後の展開が楽しみです。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事